かりゅうどの気まぐれ日記

FC2ブログのかりゅうどのおきがきから移転しました。ソシャゲとポケモンと日常の云々について書いていこうと思ってます。

ポケマスデーが…始マスデー!

こんちゃす、ハンターです。

 

今回は超絶最高お得やらないことに理由が必要あのDeNAも絶賛の神イベント、ポケマスデーに関するお話をします。

 

そして今日はポケマスデー!!!!!!!

普段ログインしかしてない人でもこの記事は目を通して!いや目を通さなくてもいい!とにかくポケマスにログインをしなさい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

ポケマスデーってなに?

ポケマスデーとは!毎月25日に開催される超お得イベントのことである!

とりあえずログインするだけでも500ダイヤが貰えるからログインだけでもしてって!!!!!!!!!

 

ポケマスデーは絶対やろう!ポケマスデーのメリットを解説!

ポケマスデーは全ユーザーにメリットしかない神のイベントだ!

ポケマスデーでできることについて説明していくよ!

ログインするだけで500ダイヤが貰える!

文字通りログインするだけで500ダイヤ貰えます。ログインするだけでもお得すぎる!

 

限定ステージをクリアすると貴重なアイテムが複数貰える!

こちらも文字通り。ぼうけん→イベント→「ポケマスデーを楽しもう」と選択していくと攻略が超簡単なボーナスステージに挑めるぞ!

難易度も超超超簡単なので攻略しないことに理由が必要!

ステージはどうやってもクリアできるぞ!報酬も豪華!

 

11連バディーズサーチが25ダイヤで実行できるぞ!

バディーズサーチの画面に行くと以下のような画面があるはずだ!

ここでは恒常キャラのみがピックアップされたバディーズサーチをたった25ダイヤで実行可能だ!

やらないことに理由が必要なくらいお得!

ビビるほど安いな!これ引いていいんですか!?

 

☆5確定11連バディーズサーチが有償100ダイヤで実行できるぞ!

こちらは有償ダイヤが必要になるけど先ほどのガチャと同様の内容で☆5(最高レアリティ)のキャラが確定で出現するバディーズサーチとなっているぞ!

課金しているユーザーならかなりお得だ!引こう!

 

ポケマスデー限定ダイヤが販売!

ポケマスデーの1日限定(25日15:00~26日14:59)で超お得なダイヤが販売されるぞ!

販売されるダイヤはマスターバディーズが登場した際に販売される有償ダイヤと同じくらいお得!課金するユーザーなら買ってもいいかも!

というかレートを考えるとマスターダイヤよりもお得だったりする

 

忘れちゃいけない!マルチステージ!

マルチステージで入手できるアイテムも非常においしい!ぜひぜひ触れておこう!

ぼうけん→イベント→みんなであそぶ→「ポケマスデーを楽しもう」と選択だ!

ここはマルチ限定ステージとなっているが、難易度も低く、マルチなので基本キャリーしてもらえるステージとなっているので、とりあえずなんでもいいからマルチステージに潜ってしまってOK!
あとスタミナが消費されないからそういった意味でも気軽に挑戦可能だ。

 

道具交換に使用するのはこの「ピカピカステッカー」。

かわいい

交換アイテムをざっくりとみていくと、「WPM編で入手できる☆5バディーズの複数回目の入手」「キャラの強化アイテムの入手」「強力なタイプ☆3装備を各種1つずつ入手」が可能だ。

上述した通りステージに制限は一切ないので全部回収してOK!!!!

有用なアイテムしか陳列されてないぞ!全部もらっちゃおう!

ちなみに全部回収しようとすると合計325個のピカピカステッカーが必要になるぞ!つまり、このステージを9回クリアすることですべての報酬が獲得できるようになるのでぜひ参考にしてね!

1回で40個だから単純計算で9周で360個だね

さいごに

というわけでポケマスデーの解説でした!

ポケマスデーは明日(26日)の14:59まで!

1日だけだから忘れずにみんなやってね!ポケマスデーだけでもいいから!!!!!

 

ポケマス指南記事 育成要素解説【わざレベル編】

こんちゃす、ハンターです。

 

今回は育成要素解説編第三回目で、わざレベルに関するお話になります。

ゆっくりしていってね

 

・わざレベルとは?

わざレベルとは所謂「そのキャラの凸数」を示すものです。

無凸はレベル1、1凸でレベル2・・・といった具合で、マックスは4凸のレベル5。


・わざレベルを上げるメリット

わざレベルを上げるメリットは以下の2種に区分されます。

1.わざの威力が上昇する。

2.バディストーンボードのロックが解放される。

それぞれを見ていきましょう。

1.わざ威力の上昇について

意外と気付かない方も多いのですが、わざレベルが上昇するとレベルが上がったキャラクターの持つすべての技の威力が上昇します。(以下の画像を見ていただくとわかりますが、しっかりと何が起こったのかについてアナウンスが行われます。)

実際に技威力を比較してみましょう。

たとえば「だいもんじ」は以下のようになります。

わざレベルが1上昇するごとにわざレベルアップ前の技威力を参照し、5%ずつ威力が上昇していきます。(オーバの場合は116→(116*1.05)=121…といった風に)

これはバディーズ技でも同様です。

ただし、バディーズわざの最大技威力には上限が決まってて、アタッカーの場合は本来威力302になるところ、300が上限となっています。

バディーズわざに関する記事はまた別のどこかで記述します。

2.バディストーンボードのロックが解放される。

どちらかといえばこちらの方が影響が大きいかもですね。

ロックが解放されて赤枠内のボードが選択できるようになった

基本的にバディーストーンボードのボードはわざレベルが上昇することで取れるようになるボードほど強力になる傾向があります。

例えばわざレベル1のボードではわざ威力上昇や能力値上昇のパネル、各種状態異常/妨害無効が取れるくらいのおまけ要素になりますが、わざレベル3になると、例えば「特攻↑分B技威力上昇」のようなB技の威力強化に直結するようなボードや、「攻撃時特防↓9」のように、攻撃を行うことで全く別の追加効果が付与されるボードを取ることができ、キャラの拡張性が上昇します。

 

…と、このように後者の方がメリットはデカいですね。

なんにせよわざレベルは上げれば上げるほどお得です。

 

・わざレベルを上げる方法について

わざレベルを上げる方法は主に2つ。

1.同キャラを複数回入手する

2.わざのアメを使用する

前者では例えばイベント配布キャラを交換したり、バディーズサーチで同キャラを入手したりが該当します。

イベント報酬で入手するとこんな感じ

後者のアイテムは少し特殊です。

まず、わざのアメにはレアリティが設定されており、☆1~5で分かれています。

また、レアリティ以外にも「ロール指定があるアメ」「ロール指定がないアメ」の2つに分かれており、該当のキャラのわざのレベルを上げるには、「アメのレアリティを合致させる」「指定ロールと合致させる」の条件をクリアする必要があります。

ただし、わざのアメを使用すれば例えば入手が困難なマスターバディーズであったとしても即時にわざレベルを上げることが可能です。これはお得だ。

 

・わざのアメの入手方法

わざのアメはレアリティごとに入手方法が異なります。

☆1,2は基本的にタマゴバディーズ専用アイテムとなるのでここでは割愛します。

 

・☆3,☆4アメの入手方法

イベントのチャレンジバトルの報酬や、道具交換で入手できるケースが多いです。

クリアするだけで入手できるぞ

EXPERTでは☆3アメを、SUPER EXPERTでは☆4アメを入手できますが、どのロールのアメを入手できるかはイベント次第となります。

 

・☆5アメの入手方法

こちらは少し複雑です。

まず、☆5わざのアメの入手には、各ロールのメダルが20枚必要になります。

ショップ→どうぐ交換→通常で交換可能

メダルの入手方法は主に3種

1.イベントの交換報酬で入手

2.プレゼント付きバディーズサーチで入手

マスターバディーズのサーチのおまけは特に豪華だ

3.BPの累計ポイント報酬で入手

600ptでテクニアメメダル、900ptでサポアメメダル、1100ptで全ロールに使えるアメメダルが入手できる

4.EXデイリーダイヤSを購入

有償ダイヤがもらえるうえにわざのアメまで貰えちゃうんですか!?素敵!

20日で1つになります。

 

まあ意識的に貯める、というよりは気付いたら貯まっているようなアイテムになりますので、意識して集める必要はあんまないと思います。

 

・わざレベル上げを優先すべきキャラとどこまで上げるべきかについて

わざレベルは上がれば上がるほど拡張性が上昇します。

特にわざレベル3になると、ほとんどの場合そのキャラのフルポテンシャルが発揮できるようになるので、基本的にはわざレベル3を目指すのが良いでしょう。

また、優先バディーズについてですが、最優先は「あなたが活躍させたいと思ったバディーズ」です。そのキャラの性能をフルで使えるようになると、汎用性もグッと上がって様々なコンテンツが楽しくなりますよ。

特に思いつかない場合は、マスターバディーズに使用するのがオススメです。これは以下のような理由があるためですね。

・復刻頻度が他のフェス限と比較して低い

・現状選べる等の確定で入手できる手段がない

・ピックアップ確率も他のサーチでは2%のところ1%なので、サーチでわざレベルが上がりづらい

まああくまで参考程度に考えておいてください。

 

・まとめ

わざレベルは上げれば上げるほどお得!!!!!!!!!!!

わざレベル上げにはアメか同キャラを入手することが必要!!!!!

☆5バディーズのわざレベル上げはちょっと大変だぞ!

わざのアメは特に使い道がないならマスターバディーズに使おう!!!!!

 

というわけでポケマスのわざレベルに関する記事でした。

もし誤っている内容等がありましたら私のX(@245_SHEERCOLD)までご連絡いただければと思います。

 

次回の記事はバディストーンボードに関する記事になります。ではまた。

ポケマス指南記事 育成要素解説【☆アップ編】

こんちゃす、ハンターです。

 

今回は育成要素解説編第二回目で、☆アップに関するお話になります。

ゆっくりしていってね

 

☆アップとは?メリットも解説

ポケマスにおける☆というのはレアリティを示す指標となります。まあここまでは良いでしょう。

この☆については「のびしろ」というアイテムを使用することで上昇させることが可能です。

 

各レアリティごとに必要となるのびしろの種類は変わりますが、基本的には1つ☆をあげるのにのびしろが20枚必要になります。

右上の数値が20になると星がアップする

 

⭐︎アップ(というよりのびしろの投与)のメリットは単純にレアリティが上がるだけでなく、ステータスそのものが上昇します。つまりのびしろは投与し得ですね。

具体的な上昇値は以下の通り

・☆3/4に投与した場合

1枚伸び代を追加するごとにHPは2、それ以外の各能力値は1ずつ上昇します。

上は☆3アイリス/下は☆4レンブ 上昇値は一緒

・☆5に投与した場合

1枚伸び代追加するごとにHPは5、それ以外の各能力値は2ずつ上昇します。

☆6EXについて

☆3や4のキャラはのびしろを20枚投与するだけで☆がアップしますが、☆5のキャラにはのびしろを20枚投与するだけでは☆アップしません。

後ほど説明を行うアイテム「チャンピオンズソウル」を使用することで☆6EXが出来ます。

基本的に☆3→4や4→5の☆アップにはこれといった特典がありませんでしたが、☆6EXは難易度が高い分得られる特典も非常に大きく、そのロールごとにバディーズわざを使用した際の特殊効果が付与されるようになります。

ミツルくんはテクニカルバディーズなので常時バディーズわざの威力が1.5倍に

そのキャラをフルの性能で使用したい場合はこの☆6EX化は必須とも言えるでしょう。

EX解放による各種ロールの強みとオススメロールについて

EX化したバディーズが使用するバディーズわざの各種ロールの特典は以下の通り。

・アタッカー

 バディーズわざが全体技に

・テクニカル

 バディーズわざの威力が常に1.5倍に

・サポート

 バディーズわざを使用した際に付与されるボルテージの数が2に(通常は1)

・フィールド

 バディーズわざ使用直前にタイプに応じた強化ゾーン・フィールド・天候を展開・延長

・スピード

 バディーズわざ使用後にバディーズカウントが3進む

 

このようになっています。

どの効果も非常に強力ですが、特に初心者の方はサポートロールによる恩恵はかなり感じやすいでしょう。

以下、サポートロールの解放推奨理由となります。

 ・ボルテージが2付与されることで、初回に使用すれば火力が+100%されるため、使用後に一気に殲滅することが可能

 ・わざレベルが低いキャラの場合、バディーズわざの火力が盛れない場合も多々あるがポケモンわざの火力は据え置きの場合がかなり多く、わざレベルが低くても火力が出せる場合がそこそこあるので初心者の方でも高ダメージを実現しやすい(※これはキャラ次第ではあります)

 ・サポートキャラは耐久バフやアタッカーの攻撃バフを整えるのに基本的に編成することが多く、汎用性が非常に高いためEX化した際に腐りづらい

ただし、わざレベルの高いキャラを所持している場合はそちらの解放が優先される場合もあります。サポートロールの解放に関しては「これをやっておけば無難」程度の認識でいれば良いでしょう。

あとはEX化すると衣装もEXカラーになります。

かっこよくなるキャラも多数いるのでこれを目標にEX解放してみてもいいかもですね。

EXカラーで印象がガラっと変わるキャラも多いぞ!

のびしろの集め方

EX解放をするために必要となるのびしろの集め方については以下の通り。

 ・バディーズサーチですでに技5となったキャラを入手する

 ・マンスリーショップで交換

 ・バトルラリーの報酬で交換

 ・イベントの報酬で入手

 ・ポケマスデーの報酬で入手

 ・Bサーチで入手

 ・のびしろチケットを使って専用のびしろへ交換

 ・有料の期間限定のびしろ☆5プレゼント付きダイヤを購入

様々ありますが、とりあえずプレゼント付きダイヤを購入だけは絶ッッッッッッ対に推奨しません!!!!!!!!本当にやめた方がいいです。

それ以外は積極的に攻略・交換して入手していくのが良いでしょう。サーチを引いて完凸済み☆5キャラをダブらせなくてもかなりのペースでのびしろは貯まっていくのでここは結構緩いかも。

特にマンスリーショップでの交換は一番楽で☆4のびしろ5枚ごとに1枚交換が可能で、月に20枚までの交換が可能です。

☆4のびしろに余裕のある方は交換することを推奨します。

EX解放するためのアイテム「チャンピオンズソウル」の集め方

こちらは結構限られてきます

・チャンピオンバトルを攻略

・特殊なバトル(パシオ・スペシャルマッチ等)を攻略

・マンスリーショップで交換

 

特徴としては「バディーズサーチでは入手が不可能」「月ごとの入手数が限られる」等でしょうか。

とにかく入手できる機会に入手しておきたいアイテムではありますね。

 

まとめ

・使いたいキャラにはのびしろを投与しよう!強くなるぞ!

・EX解放のメリットはかなり大きい!まずはこれを目標に遊んでいこう!

・のびしろは積極的に交換して入手しよう!

・チャンピオンズソウルは入手手段や数が限られるから入手できる機会があったら逃さずに入手しよう!

 

というわけで☆に関する記事でした。

次回はわざレベルに関する記事になります。

ほなまた。

 

ポケマス指南記事 育成要素解説【レベル上限編】

こんちゃす、ハンターです。

 

今回からは育成要素解説編となります。

第一回目はレベル上限に関するお話!

ゆっくりしていってね

 

 

レベル上限システムについて

ポケマスのキャラには一部キャラを除きレベル上限が設定されています。

レベル上限は初期は100

110→120→125→130→135→140→極致の証を使用して150まで1ずつ上限解放

…と、このようにレベル上限を上げることが可能です。

レベル上限は上げれば上げるほどそのキャラのステータスを盛れるので上げ得ではあるのですが初期のうちはレベル上昇させるのも大変なので大体どのくらいのステータスがあれば十分にポテンシャルが発揮できるのかについてを本記事では触れていきますよ。

各レベル上限ごとの上り幅について

今回はつい最近配布されたチュウスケくんでみていきますか。

まずはレベル1→100

100→110

110→120

120→125

125→130

130→135

135→140

今回は載せていないが140→150の能力の上がり幅もここまで提示を行ったものと全く同様の上がり幅となっています。

ここまで見ていただくとわかる通り、例えば特攻はレベル5上昇ごとに8上昇しており、防御や特防は3上昇していることがわかりますね。

この上昇幅についてだが、どうやら設定された能力値によって上昇値も変化し、能力が高いほど成長率も高いということが分かります。

最低限レベル上限はどこまで解放すれば良いか

例えば上記のチュウスケの単純な特攻の上昇値を計算してみましょうか。

100→120の場合は1.12倍

120→140の場合は1.11倍

100→140の場合は1.25倍

となりますかね。100→140で見るとざっくり急所時威力上昇2くらいの火力の変化はありそうです。

 

次に耐久の上がり幅についてですが、防御・特防は24ほどしか変化しないものの、HPは96も変化するため、この変化幅も大きいといえるでしょう。レベル100では耐えられない攻撃も140なら耐えれるようになりますね。

 

さて、レベル上げによって大体どのくらいの変化が発生するかについては大体理解していただけたと思うのですが、じゃあ結局どこまでレベル上げるのが正解やねん、というのは思われているはず。

上げれるだけ上げるのが正解ではあるのですが、それでは指南記事としては全く役立たないのでレベル上限解放の素材を見ていきましょう。

 

100→110(〇〇はテダスケール等のロールごとの上限解放アイテム名が入る)

スーパー〇〇×225

ハイパー〇〇×113

ジムリーダーのメモ×3

 

110→120

ハイパー〇〇×375

〇〇S×200

ジムリーダーのメモ×7

四天王のメモ×2

 

120→125

〇〇S×300

スーパー〇〇S×150

四天王のメモ×5

〇〇の極意書1巻×50

 

125→130

スーパー〇〇S×400

ハイパー〇〇S×200

〇〇の極意書1巻×150

 

130→135

ハイパー〇〇S×400

〇〇S2×200

〇〇の秘伝書1巻×50

 

135→140

〇〇S2×400

スーパー〇〇S2×200

〇〇の秘伝書1巻×150

 

140~

極致の証×10

 

このように見ていくと、レベル120までは相当楽にレベルを上げることができ、レベル130まででも使用するのは所謂銅本なので、一気にキツくなるのはこれ以降のはず。

レベル5上限解放しただけでは上がり幅もたかが知れているため、まずは一先ずの目標に設定するのは125でよさそうですね。できれば130あるのがベストではあります。

130以降のレベル上限解放は趣味程度に捉えてもらってもよさそうですね。(能力の上がり幅は常に一定である以上元の能力値が高いほど上昇値の恩恵は受けづらくなるので猶更)

まとめ

というわけで結論は以下の通りです。

・レベルを上げることによるステータスの上がり幅は常に一定

・レベルを上げれば上げるほどステータス上昇による恩恵は薄くなる

・素材を鑑みると極意書までは比較的入手しやすいのでレベル130程度を目指すのが程よい

 

ちなみに極意書や〇〇S等のアイテムに関してはイベントで交換が可能である他、トレーニングエリアのゲンカイ突破エリアで大量に入手可能です。

ゲンカイ突破アイテムの効率良い入手方法に関しては今後紹介します。そちらをご参照ください。(とりあえずイベントステージで交換するのとトレーニングエリアでは最上位のステージを周回すれば多量に入手可能です。)

 

というわけでポケマスのレベル上限に関する記事でした。

もし誤っている内容等がありましたらXまでご連絡いただければと思います。

 

次回の記事は☆アップに関する記事になります。ではまた。

【ポケモンSV】DLC解禁による効率的な周回方法について

こんにちは、ハンターです。

 

本記事はPokémon Past Generation Advent Calendar 2023 の38日目の記事です。

 

本記事ではポケモンSVのDLCが来たので効率的にテラパゴス及び新規パラドックス改修手順について触れていきます。

 

  • 下準備
  • 周回の順序とコツ
  • さいごに

 

続きを読む

【Pokémon Past Generation Advent Calendar 2023 19日目】ポケマス1年の総括

アドベントカレンダーの時間だ!

 

こん◯◯は ハンターです。

本記事はPokémon Past Generation Advent Calendar 2023の19日目の記事です。

adventar.org

 

この記事では私がかなり入れ込んでいるソシャゲであるポケモンマスターズEX(ポケマスEX)にて、2023年で何が起こったのか/何が実装されたのか等、その軌跡を追っていくぞ!(ストーリーは尺の関係上そこまで触れないかも)

余談はガチ余談なので飛ばしてくれてOK!

 

ちなみに投稿時期の関係上2023/1/1〜2023/12/19までの情報しか出せないからそこは勘弁してください!

※月末に実装されたキャラは翌月実装のキャラとして紹介を行います

※基本的に、月末アップデートは翌月のアップデートとして取り扱います(例:1月末尾のアップデートは2月分としてカウントする)

 

えー、こちらとしては細心の注意を払いアップデート等の情報を確認・調査しているのですが、誤っている場合等もありますのでその際はぜひご指摘ください。

 

 

1月

実装キャラ

キリカ(ふりそで)&マリルリ

ヒカリ(シーズン23)&オドリドリ

ルチア(シーズン23)&ガラルギャロップ

サナ&ブリガロン

ジコスカルネ&ディアンシー

ヒカリ&ミノマダム

 

強化キャラ

プラターヌ&ゼルネアス(星6EX実装)

カルネ&サーナイト(技2,4,5ボード拡張)

ビート&ブリムオン(技2,4,5ボード拡張)

カツラ&ギャロップ(ボード解放)

シズイ&アバゴーラ(ボード解放)

ククイ&ルガルガン(星6EX実装)

ミツル&エルレイド(技3強化ボード拡張)

 

開催された新規エピソード系統のイベント

エピソードイベント 結成☆ドリームユニット

画像

 

悪の組織イベント 前編(ストーリー更新)

画像

 

ソロバトルイベント 目指せ大人のお姉さん

画像

その他注目のイベント

レジェンドアベンチャーユクシーラティアスレジロック

画像

 

特別なガチャの開催について

25連+選べる★5ポケマスフェスA開催(マジコスハルカ/コウキ&ディアルガ/レッド&カビゴン/ノボリ/グリーン(アナザー)/キバナ&ジュラルドン)

25連+選べる★5ポケマスフェスB開催(マジコスユウキ/マジコスコルニ/マジコスヒカリ/マジコスシロナ/ライヤー/クダリ)

 

謹賀新年チケット専用ポケマスフェス開催

 

その他新要素/追加要素について

星3草タイプ装備実装

トレーナーズサロンにヒカリが招待可能に。

レジェンドアベンチャーにて、TOP100までのプレイヤーがゲーム内で確認が可能に。

主人公の見た目変更が可能に。

各バトルの他ユーザーのクリア情報、及びクリア時のリプレイの確認が可能に。

 

この月の総括

年始めというのもあって恒例の選べるBサーチが3種開催された。

また、その他にも特定の期間にログインをすることで、限定キャラ等が引ける可能性のあるチケットが計22枚配布された。
これらのBサーチイベントは去年も行われているのだが、来年以降も定番にしていくのかは不明。2024の正月にも注目が集まる。

また、レジェンドアベンチャーのランキングがゲーム内で確認できるようになったのはこの月から。

今までは運営の公式X等のポストで最大連勝数等しか確認できなかったが、これが確認できるようになったことでランカーたちが名を連ねるために奮って参加するようになり、一部ユーザーの盛り上がりに間違いなく拍車をかける要素となった。

このランキング機能については、今後のポケマスにも大きく関わる要素となる。

細かい部分にはなるが、この時からクリア編成確認・リプレイ確認機能が追加された。

これにより、バトルへの参入ハードルが多少緩和されることとなったほか、超高難度コンテンツへの参入も以前よりやりやすくなった。直近では究極高難度バトルで本機能を使用した方も多いのではないだろうか。

 

個人的な感想(余談)

全プレイヤーから待望されていた最強バディーズ、プラターヌ&ゼルネアスの星6EX化がついに実装…!

ということでこの月に自分は爆強化されたゼルネアスをひたすら使っていましたね。初手でB技を撃つことが前提になりがちなプラターヌとサポートEXのボルテージ2倍効果は流石に相性が良すぎる!

あと個人的注目の強化キャラは恒常ミツルくんかな?

今までバフが急所+1のみのクリティカット、A+1C+1命中+2のT技…と流石に貧弱だったものがボード拡張によりクリティカットで急所+3、T技はAC命中+2に強化されて単体運用がやりやすくなった他、素早さ↑時B技威力上昇5まで入手したことで、サイトウに並ぶ強力な格闘アタッカーへ変貌したことは流石調整の上手さに定評のあるポケマス運営くんといったところですね。

あとこの月の新規サロンキャラのヒカリ&ミノマダムミノマダムってなんだ…?と思ったけどどうやら殿堂入り後に戦うことができるヒカリが使用してくるポケモン*1の模様

そこまで見てるとは…恐ろしいぜポケマス。

 

2月

実装キャラ

バレンタインマオ&タルップル

バレンタインカミツレ&トゲチック

ジコスフラダリ&ボルケニオン

リラ&カビゴン

マチエール&クロバット

マツバ&ゴース

 

強化キャラ

プラターヌ&ゼルネアス(技3ボード拡張)

ダンデ&リザードン(BD技追加)

ビオラ&アメタマ(星6EX解放)

シキミ&シャンデラ(ボード解放)

ヒョウタ&ズガイドス(ボード解放)

スモモ&アサナン(ボード解放)

 

開催された新規エピソード系統のイベント

エピソードイベント 届け料理人の心意気!

画像

 

悪の組織イベント 後編(ストーリー更新)

画像

 

タマゴイベント にゃーにゃーにゃー!

画像

 

その他新/更新要素等

タマゴバディーズとしてアローラニャース・ガラルニャースが新たに実装。

トレーナーズサロンにマツバが招待可能に。

 

この月の総括

ダンデ&リザードン約700日ぶりの復刻となり話題に。これで2021年に実装されたマスターバディーズは全て復刻が開催されたことになった。

3月が3.5thアニバーサリーで目前というのにも関わらず、 既存バディーズの強化・新規キャラ実装・ストーリー更新…と変わらずに運営を行うところはさすがポケマスEXといったところ。

 

個人的な感想(余談)

先月に続きプラターヌ&ゼルネアスがボード拡張により強化。

特に登場時急所率アップG1を会得できるようになったことにより、クリティカット+を使用するのみでそのほかの特殊攻撃系バフは全て揃うようになったのは結構やりすぎでは?と思いました。(その他のボードも噛み合いが強く、非常に強力)

またダンデ&リザードンにBD技が実装されたのもこの月。

正直キョダイゴクエンが超性能で実装されたり、BD技関連の強化ボードが来るかと思ったが、特に何もなかったのはちょっと残念だった思い出。

非常に印象的だったのはタマゴイベントで入手できるアタッカーロールのガラルニャースを進化させると入手できる、てっていこうせんを覚えたニャイキング。

このてっていこうせんが非常に強力で、チャンピオンバトル鋼弱点であれば、2000pt攻略もかなり余裕をもって可能であり、タマゴバディーズでも戦うことが出来ることを知ったのがちょうどこのタイミングでした。技威力の高さは強さに直結するんだなぁ…

また、マジコスフラダリの実装により、Cカルム/Cセレナ/Mフラダリの編成が組めるようになり、カロス水編成の結論が組めるようになりました。

現在ですら強力なこの編成は当時では過剰という域を超えており、チャンピオンバトルですら蹂躙できてしまう圧倒的な性能…これこそが私の求めていたポケモンマスターズEX…!フハハハハ!

かなり驚かされたキャラ実装として、マチエールとリラ同タイミングで実装されました。

マチエール→ハンサム→国際警察→リラと繋げることができるのほんと何事だよ…このタイミングで実装するの天才すぎるやん…強…といった感想を抱きました。やっぱポケマスのストーリー班はバケモンですわほんと。

 

3月

実装キャラ

マリィ(ネオ・チャンピオン)&ガラルファイヤー

ホップ(ネオ・チャンピオン)&ガラルサンダー

ビート(ネオ・チャンピオン)&ガラルフリーザ

ボールガイ&モロバレル

ユウリ&バチンキー

 

強化キャラ

マチス&ビリリダマ(星6EX解放)

主人公&アチャモ(ボード解放)

カンナ&ラプラス(ボード解放)

ワタル&カイリュー(技3ボード拡張)

ハルカ(アニバーサリー22)&ラティアス(技2,4,5ボード拡張)

 

開催された新規エピソード系統のイベント

ネオ・チャンピオン みんなで勝ち取る未来

画像

 

ソロバトルイベント 彼らと過ごす素敵な日

画像

 

エピソードイベント ガラルのボールマニア?

画像

 

その他注目のイベント

レジェンドアベンチャー(ファイヤー・ラティアスカプ・ブルル

画像

 

タマゴイベント タマゴがほしいボル?

画像

 

どく装備イベント どく装備を集めるボル!

 

探索イベント ボールポケモンを探せ!

画像

 

その他新要素/追加要素について

トレーナーズサロンにユウリが招待可能に。

星3タイプ装備実装

チームの保存数が30→100へ拡張。

ポケモンセンターによく登場するようになる」の設定を行っているバディーズのフィルタリングが可能に。

サロンの模様替え機能が実装。ポスターやグッズをサロン内に配置できるようになった。

ポケモンセンターの内装がリニューアル/中央にある電光掲示板に現在開催中のイベント表示されるようになり、さらにそこからイベントページへ直接飛べるようになったことにより、よりイベントへのアクセスがわかりやすくなった。

レジェンドバトル:テラキオン追加

画像

 

この月の総括

アニバーサリーということで恒例のマスターバディーズ3組追加。

今までの2-3周年ではアニバーサリー衣装が実装されていたが、昨年12月から始まった「ネオ・チャンピオン衣装の流れ」がアニバーサリーにも影響し、本イベントに登場するバディーズもネオ・チャンピオンの称号を冠している。

また、前年の2.5thアニバーサリーではフェス限定バディーズとしての実装だったが、今年はマスターバディーズの実装となっている。3組なのは変わらず。

キャラ実装数といった面で見ると、他の月よりも少し控えめであり、なかなか珍しいアニバーサリーでもあった。

周年ということもあり、UI面が大幅に改善。特に影響が大きいのは「チーム編成数の拡張」ではないだろうか。

各ステージごとにパーティを用意しているユーザーはもちろん、例えばレジェンドアベンチャーの連勝周回を行う場合は、複数パーティを保持しておきたいため、このアップデートは非常に高評価だった。(また、無料でチーム編成数が拡張されるといった部分も素晴らしい)

また、この月に開催されたポケマスデーにより、現在までに実装されているすべての恒常キャラのボード解放が完了した。今後は技3ボード拡張及び星6EX解放が主になる。

最後に、周年イベントとなる「ネオ・チャンピオン みんなで勝ち取る未来」の流れで「常識を変えるバディーズ」としてボールガイが実装された。

ボールガイに関するイベントは複数開催され、その姿はさながら3.5thアニバーサリー後夜祭。ユーザー需要わかってるんだなぁ…

また、ボールガイはバラエティバディーズとしての実装が行われている。

これはイーブイの日に実装されたコウキ・クリス・コトネ以来ではあるが、当時のバラエティバディーズとは異なり、「プレゼント付きBサーチ」が開催された。*2

今後しばらく、バラエティバディーズの実装ではこのサーチが開催されることとなり、有償ダイヤさえあれば低い敷居でバディーズの確保が可能、といったポジションとなる。

 

個人的な感想(余談)

流石にアニバーサリーということもあり語ることが多すぎる…

まずは3.5thのマスターについて。

3体の性能は、マリィ:高火力高耐久のアタッカー・ホップ:BDSデバフを扱えるテクニカル・ビート:各種バフを使用できる強力なバッファーとなっており、個々で見ると散らばっているようにも見える3キャラだが、合わせると様々な要素が噛み合い非常に強力な編成となるのが素晴らしい!組み合わせがガラルライバル三銃士なのもGood。

性能面で注目したのはビート&ガラルフリーザー、バフが全体にAC急所+2に加えて物理特殊ブースト+1まで扱うことが出来るほか、シンクロ技により全体のBDを1段階上昇させつつ次回ゲージ消費0状態にすることが可能。耐久面のバフを補う速度は決して早くはないものの、マスターパッシブが「ガラルの先導」ということもあり、バフがなくても高耐久であるため、無理なくダブルアタッカー編成に組み込めるのがすごいところ。

…というわけで様々な編成に組み込んで使用しています。最近は毒アタッカー編成や鋼ガラル編成に組み込むのがトレンド。

あとはやっておかなきゃならない話題はやはりボールガイ

ネタ的なポジションはしっかり確立させつつもパシオのキャラクターを用いて深いストーリーに仕上げているのはもはや安定のクオリティ、俺たちの信じたポケマスストーリー班といったところ。

性能的にはレジェバトで非常に強い立ち位置のキャラというのがなんとも渋いポジションでいいよね…派手過ぎずかといって弱いわけではない、素晴らしいポジション。

イベントをクリアすることで各種ボールのレプリカをもらうことができるんですけど、これが意外と嬉しかったり。原作のアイテムアイコンをポケマスで見ることが出来ますしね。

レジェンドアベンチャーはファイヤーが襲来、一部のパシオ民は「春が来た」とか宣っていた気がしたけどこれはいつも通り。自分はクリス&スイクン単騎が出来るということで60連勝付近まで挑戦を行いました。

一部戦闘は非常に厳しかったけど、ファイヤー戦では例えばマジコスマツバとシルバーのダブルホウオウ編成で攻め立てる編成が通用することがわかったりと新発見も多いチャレンジとなったなぁと、レジェアドはいいぞ。

あとユウリ&バチンキーの略称が油淋鶏なのはやっぱおかしいと思うんだよね、うん。

 

4月

実装キャラ

ダイゴ(スペシャル)&ムーランド

サナ(スペシャル)&クレッフィ

コトネ(スペシャル)&ゴマゾウ

ヒガナ(スペシャル)&フォクスライ

カンナ&パルシェン

シバ&イワーク

ダイゴ&ユレイドル

 

強化キャラ

ツツジノズパス(星6EX解放)

カトレア&ランクルス(技3ボード拡張)

ダイゴ&メタグロス(技2,4,5ボード拡張)

 

開催された新規エピソード系統のイベント

1日限定!特別イベント みんなでゆびをふーる

画像

 

スペシャルコスイベント 事件の謎を追え! 前編

画像

 

スペシャルコスイベント 事件の謎を追え! 後編

画像

 

トレーナーズファイル カントー四天王 前編

画像

 

その他注目のイベント

特別イベント パシオでお手伝い!

画像

 

その他新要素/追加要素について

トレーナーズサロンにダイゴが招待可能に。

チャンピオンバトルエリートモードの1バトルごとのポイント上限が2000→2500へと引き上げ。これに伴い合計ポイントも12500ptまで引き上げられた。

チャンピオンバトルのポイント更新により、エリートモードの新たなオプションも複数追加された。

この月のポケマスデーから「過去に実装されたマスターバディーズの復刻」を行うようになった。12月現在、毎月マスターバディーズのキャラ復刻が行われている。

 

この月の総括

ジコスルザミーネ復刻により、2021年に実装されたすべてのマスターバディーズが復刻済みとなった。

これ以降はポケマスデーのたびにマスターバディーズの復刻が行われることとなり、今までよりは多少入手の敷居も下がった…と考えられる。

また、システム面での大きな変化で外せないのはやはりチャンピオンバトルエリートモードのポイント引き上げ+オプションの追加だろう。

特にオプションの増加の影響は大きく、例えば「非抜群時P技B技BD技軽減8」等の登場により、攻略の編成幅がグンと広くなり、2000ptの時よりもより自由に攻略が可能になった。

また、チャレンジャーはポイントを今まで以上に過剰に盛るといった遊びもできるようになったため、今まで以上に遊びの幅が広がるようになったともいえるだろう。

さらに、トレーナーズファイルイベントが開始されたのはこの月から。各トレーナーにスポットを当てて描いていくイベントということもあり、ストーリー内容については非常に好評だった。

このようなイベント形式は初の試みでもあり、そういった点では革新的ともいえるだろう。

 

個人的な感想(余談)

修羅の月でした…というのもスぺコスとバラエティ全部確保したので…

この月からはマスターバディーズの月1復刻が当たり前になったりもしたので、所持していない人は一生石コナ状態*3ってことなので恐ろしいね…

チャンピオンバトルのオプション増加は本当に素晴らしく、今まで見向きもしなかった私の中ではサロンキャラ等を活かすことはここから増えた印象。ゲームバランスを整えるのが本当にうまいんだよな…

あと強化によって完全体となったカトレア&ランクルス、こいつはマジでヤバくて弱点相手に持っていくと強すぎて笑っちゃう性能をしています。具体的には

・抜群時次回消費ゲージ無によるサブアタッカー性能の拡張

・特攻アップ分威力上昇/技ゲージ分B技威力上昇によるP・B技の強化

・T技の技後急所率アップ2の追加

といった感じ。

恒常キャラのこういう汎用性よりも尖った性能になっている感じが大好きなんですよね…

というわけで思考停止EXしました。青色できれいね。

この月でかなり印象的だったイベントは「パシオでお手伝い!」ですかね。

ヒントが出されており、ヒントに応じた場所とバディーズを引き連れてクリアすると報酬がもらえる、といった形式のイベントでした。

最終日のお題とか普通に難しくて笑っちゃった記憶あります。いいぞもっとやれ。

 

5月

実装キャラ

ジコスハウ&カプ・コケコ

ジコスマツリカ&カプ・レヒレ

ジコススイレンカプ・テテフ

ジコスアセロラカプ・ブルル

ワタル&ハクリュー

キクコ&アーボック

アセロラジュペッタ

 

強化キャラ

主人公&ソルガレオ(星6EX解放・技3ボード拡張)

マツリカ&グランブル(星6EX解放)

ヒビキ&ヒノアラシ(技3ボード拡張)

 

開催された新規エピソード系統のイベント

悪の組織イベント 前編 エーテル財団を調査せよ

画像

 

ソロバトルイベント ファッションウィーク

画像

 

トレーナーズファイル カントー四天王 後編

画像

 

悪の組織イベント 後編 ポケモンを守る人の手

画像

 

その他注目のイベント

タイムアタックイベント めざせベストタイム!

画像

 

レジェンドアベンチャーエンテイアグノムコバルオン

画像

 

新要素/追加要素について

トレーナーズサロンにアセロラが招待可能に。

チャンピオンバトルでエリートモードのオプション構成を4つまで保存が可能に。また、保存した構成を使用できるようにもなった。

レジェンドアベンチャーの告知画像が豪華になったのはこの月から。

 

この月の総括

特に革新的な事象等はなく、いつも通りのポケマスが展開されていた。

強いて言うなら、この月がアローラ悪の組織編イベントが開催されたことから、アローラ組に強化が入ったりアセロラをサロンへ招待できるようになったりとアローラ色の強い月になっていたと考えられる。

 

個人的な感想(余談)

この月での注目はやはりマジコスアローラ、特にこの中でもジコスアセロラは突出した強さを持っていたように感じらますね。(僕が好きなのはマジコスマツリカ、でも電気統べでめっちゃお世話になったマジコスハウもいいんだよな)

翌月に実装されるセキ&リーフィアとの相性は抜群で、強い草編成を組むうえで間違いなく要のバディーズになっていたと思います。

また、ヒビキ&バクフーンが圧倒的に強化されたのが一番印象に残っていますね。B技の強化もそうですがバフでスペアを使用するだけでC+2急所+1が可能になったのが大きく、例えばマジコスマツバ/シルバー/ヒビキの編成で2500pt等倍攻略が行けるのは編成のビジュアル的にも最高でしたね。

総括にも書いた通り本月はアローライベントこそはあったもののかなり静けさのある月だったように思えます。その分来月の気合の入り方がすごかったので納得ではあるんですけどね。

 

6月

実装キャラ

セキ&リーフィア

カイ&グレイシア

ミナキ&スイクン

ジコスシルバー&ニューラ

セキ&シャワーズ

 

強化キャラ

ジコスマツバ&ホウオウ(技2,4,5ボード拡張)

ジコスハルカ&バシャーモ(技2,4,5ボード拡張)

ユウキ&ジュカインメガシンカ追加)

ホミカペンドラー(星6EX解放)

ギーマレパルダス(技3ボード拡張)

 

開催された新規エピソード系統のイベント

エピソードイベント 遠い過去からの旅人たち

 

ソロバトルイベント クリスの困りごと

画像

 

エピソードイベント 駆ける北風を追う男

画像

 

その他新要素/追加要素について

星3フェアリータイプ装備実装

星3こおりタイプ装備実装

トレーナーズサロンにセキが招待可能に。

一部アイテムの所持上限数が99999→999999へ拡張。

チーム編成フィルタに「このバトルの対象」が追加され、ボーナス対象キャラをソートしやすくなった。

 

この月の総括

ついにヒスイ地方からバディーズが実装されることになった。

セキ及びカイのマスターパッシブスキルは「シンオウの闘志」及び「シンオウの信念」となっており、これにてようやくシンオウ地方のマスターパッシブ3種が揃うこととなった。

また、マスターバディーズが初出のキャラをサロンに招待できるようになったのはこれが初。

アイテムの所持上限解放は今までバディドロップをカンストさせていたユーザーにとっては非常に助かるアップデートになっていたのではないだろうか。

ミナキ&スイクン実装にあたり、Xの企画でアンケート形式でどのバディーズと組むことになるかのアンケートが行われたりもした。

その他には、公式Xでセキとカイのボイスドラマが公開されたりと、この月は特に広報に力を入れていた印象を持つ。

 

個人的な感想(余談)

スイクン実装だあああああああああああああああああああああああああああやったあああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

といった月でした。

カイのバケモンみたいなキャリー性能とセキ・マサル・マジロラの最強草編成はもはや最強すぎて笑ってましたね。個人的にはカイとスズナユキメノコを組み合わせるのが好きです。

ミナキはアタッカーでありながら妨害状態や状態異常、デバフまで扱うことが出来るトリッキーなキャラ最高でした。特にシンクロ技が強すぎる…!(あとB技のムービーがマジでかっこいいから全人類見てくれ!!!!!)

あと個人的には新しくユウキ&ジュカインメガシンカ実装されたというのは大きかったかも、というのも、今までメガシンカキャラのB技威力は通常のバディーズよりも抑えられてしまうといった制約のようなものがあったのですが、ユウキにはそれがなかったのでワンチャンメガシンカの上方修正があるのでは!?と期待したりもしました。

…まあ特に来てないんですけどね。*4

あとはPレターにて発表された水統べイベントでTLが大いに盛り上がっていたように感じられます。実際どのようなイベントなのかはやってみないとわからないというのもあり、うっきうきでPレター音読をしていた記憶がありますね。

 

7月

実装キャラ

カイ&ブースター

フウ(シーズン23)&ジラーチ

ラン(シーズン23)&テッカグヤ

ローズ&ダイオウドウ

オリーヴ&ダストダス

カキ&ウインディ

マオ&マシェード

 

強化キャラ

ホップ&ザマゼンタ(星6EX解放)

ユウリ(アナザー)&ウーラオス(技2,4,5ボード拡張)

イブキ&キングドラ(星6EX解放)

グリーン&ピジョット(技3ボード拡張強化)

 

開催された新規エピソード系統のイベント

エピソードイベント 離れ離れの双子星

画像

 

悪の組織イベント 前編 千年先を憂う者たち

画像

 

トレーナーズファイル アーカラ島の情熱

画像

 

その他新要素/追加要素について

星3みずタイプ装備実装

トレーナーズサロンにカイが招待可能に。

スコアアタックイベント初開催

レジェンドバトル:ライコウが追加

画像

 

その他注目のイベント

スコアアタックイベント みずを統べるもの

画像

 

この月の総括

4月末から告知が行われていたスコアアタックイベントがついに開催された。

これにより、レジェンドアベンチャーに並ぶ定番の高難度コンテンツが新規に実装されることとなった。(ここから先、レジェンドアベンチャーとスコアアタックイベントが交代交代で毎月開催されるようになった)

このイベントでは最初からランキングの確認が可能であり、さらに1万位以内に入賞することでエンブレムの入手も可能であったため、レジェアドよりも気合を入れてプレイしたプレイヤーも多かったのではないだろうか。

それ以外で特徴的なのは、季節イベントである離れ離れの双子星。

このイベントでは、マスターバディーズであるアオギリが登場。これに伴い6/25からの復刻にはアオギリカイオーガが出現しており、季節イベントの登場キャラに合わせてマスターバディーズが復刻されるというのはこれが初。

季節イベントの告知映像は七夜の願い星ジラーチのオマージュとなっており、こちらもかなり力が入っていた印象。

新コンテンツ及びストーリーによって大いに盛り上がった一方、特にUI面でのアップデート等は行われなかった。

 

個人的な感想(余談)

この月はね、何から話すべきか…

まずはやはりアオギリジラーチの関係性について、これについてなのですが、ポケマスでここまで話していいんだ…といった感想を抱きました。アオギリジラーチの関係性はうっすらとゲーム本編(AS)にて語られているのですが、深堀は一切されていない要素であるため、こう…外伝ゲームで日の目を見ることが許されているということにかなり驚きました。

実装されたバディーズではラン&テッカグヤは、変化技を使用することで物理ブーストを盛ることが出来る(≒能動的に物理ブーストを盛ることが出来る)ため、超火力ギガインパクトで非常に高い殲滅力を持っています。チャンバト等倍2500ptも余裕です。

また、悪の組織編で実装されたローズ&ダイオウドウも非常に好み。3月の余談にてお話しした通り、Cビート、バレマリィ、ローズの組み合わせが非常に噛み合いが良く(全体殲滅はローズのP技/火力補強はバレマリィのゾーンとビートのブースト/バフはマスターパッシブ及びビート君のT技/ゲージに関してもCビートのシンクロ技で問題なし)、現在の3000ptでも問題なく勝利できる強さになっています。成長したビート君と組み合わせることが出来るといった点も加味して芸術点の高い編成となるため、本当におすすめです。組める奴はぜひ組んでみてくれよな。

ホップくんについてはボード拡張されてからがすべてだと思うので来月にお話ししようと思います。

最後に水統べについて。

初見でまずは難易度を確かめるためにカスミ1000ptを挑んだりしてみたのですが、無策での突破はまあ無理、作戦を練って編成を突き詰めて過酷な運ゲーを乗り越えてようやく勝てるといった難易度なのが最高にポケマスをしてると思いました。

本イベントでは情報無しで初日に30万付近まで伸ばすことをやってました(これもなかなか過酷だった)。その後40万のスコアをたたき出している人がいてすげーなー…となった記憶があります。ポケマスの””上””はガチ。

あとメインの報酬がすべて入手できるスコアのラインであれば、簡単すぎはしないけど難しすぎることもない、といった部分も良い塩梅だと思いますね。

エンブレムは23,4万くらいあれば入手できたのかな?(ここは把握できてないです)このラインになるともう少し難易度が上昇するのでモチベーションの高い方はさらにモチベを上げられるイベントになったかもですね。

とにかく、終始好印象なイベントでした。

 

8月

実装キャラ

ダンデ(アナザー)&ドラパルト

ユウリ(アナザー2)&エースバーン

ゴジカ&シンボラー

ドラセナ&ドラミドロ

ネモ&パーモット

マサル&レイスポス

カルム&フォッコ

 

強化キャラ

ホップ&ザマゼンタ(技3ボード拡張)

マイ&ウインディ(星6EX解放)

アーティ&ハハコモリ(技3ボード拡張)

 

開催された新規エピソード系統のイベント

悪の組織イベント 後編 エールが きこえーる!

画像

 

18タイプ日々更新! タイプバディーズの集い

画像

 

エピソードイベント 戦ろう ポケモン勝負!

 

特別バディーズイベント マサル&レイスポス

画像

 

特別なガチャの開催について

最大100連!無料10連Bサーチ

画像

 

その他注目のイベント

レジェンドアベンチャー(ファイヤー・ユクシーラティアス

画像

 

その他新要素/追加要素について

新ロール、スピード・フィールドが実装

トレーナーズサロンにカルムが招待可能に。

エリアをクリアした際に、次ステージへ移動できるボタンが実装

ストーリースキップが行えるタイミングが変更

 

この月の総括

周年の前の月、ということで前夜祭が開かれるわけだが、非常に大きなイベントがあった。

・新ロールの追加

・まさかのパルデア地方のバディーズ初実装

ビッグすぎる。特に新ロール追加はあまりにも大きすぎるイベントである。

今までアタッカー・テクニカル・サポートで完結していたのだからこれ以上のロール追加に驚いたが、ロールとしての性能はこれら3種がベースとなりつつも異なる性能として仕上がっているので新ロールだから弱い、といったことは起こり得なかった。

これがデカ過ぎて他が霞みがちだが、恒常バディーズが約半年ぶりに実装された点も注目すべきポイントだろう。2022の恒常バディーズをみていくと5月に実装されたシンオウ四天王・11月に実装されたアクロマ/ヒュウといった感じで、大体半年周期くらいでの恒常実装がポケマス君のペースなので、久々の実装かと思いきや平常運転のペースでもある。

これらは「18タイプ日々更新! タイプバディーズの集い」インベントに合わせて実装された。

上記イベントではポケマスでしか見られないようなバディーズたちの掛け合いを見ることができ、これが18タイプ分もあったのでボリューミーなテキスト量となっていた。

前夜祭での100連無料Bサーチは恒例とはなっているが今回も開催。

あとは新ロールであるフィールドロールを持つマサル&レイスポスが配布されたこともかなり大きいだろうか。多少イベントを周回する必要はあったものの、周回さえ行えば技レベルやのびしろを集めることも可能だったため、非常に良心的なイベントに仕上がっていた。

 

個人的な感想(余談)

基本総括に書いたとおりなのですが、前夜祭でパルデア実装!?前夜祭なのに新ロール追加!?ポケマスどうなっちゃうの~~~~~~~??????????となっていました、ハイ。

ネモのイベントに関してはSVのいくつかのイベントオマージュがあったりとかなり面白かったですね。

あと地味に強いのは次ステージの表示機能。新イベントや復刻イベント等がさらにサクサク進めることが出来るようになって素晴らしいですね。(ただストーリーの場合はストーリーのタイトルを確認できない場合もあります。そこはまあ仕方なし)

最後にホップ君の強化についてですが、プラターヌ&ゼルネアスが強力な強化を施されていただけにちょっと強化幅が寂しかったので自分的には悲しみを背負いました。

さて、少し悲しい感じにはなってしまいましたが周年にフルスロットルなポケマスEXくん、いったい9月にはどうなっちゃうのかをご確認ください。

 

9月

実装キャラ

レッド(ネオ・チャンピオン)&フリーザ

リーフ(ネオ・チャンピオン)&ファイヤー

グリーン(ネオ・チャンピオン)&サンダー

リッカ&ブースター

キリヤ&ルガルガン

ランス&ゴルバット

ラムダ&マタドガス

アテナ&アーボック

アポロ&ヘルガー

サカキ&ニドキング

クロツグレジギガス

ケイト&エアームド

リーフ&ピクシー

ラジュルネ&レジアイス

主人公&レジスチル

ジュン&ロズレイド

ライチ&メレシー

ハヤト&ピジョット

マーシュ&クチート

 

強化キャラ

ジコスレッド&リザードン(技2,4,5ボード拡張)

ジコスグリーン&カメックス(技2,4,5ボード拡張)

カミツレ(アナザー)&エモンガ(技2,4,5ボード拡張)

トウコ&ポカブ(技3ボード拡張)

キョウ&クロバット(星6EX解放)

ジコスセレナ&ジガルデ(EXロール解放)

 

開催された新規エピソード系統のイベント

ネオ・チャンピオン 三人三色の教え方

 

特別イベント 悪のカリスマを止めろ

画像

 

エピソードイベント 塔の王と舞台のマドンナ

画像

 

特別なガチャの開催について

有償ダイヤ!1日1回限定!★5確定11連Bサーチ

画像

 

フェス限定選べる★5チケット専用Bサーチ

 

11連+選べる★5シーズン限定BサーチA

11連+選べる★5シーズン限定BサーチB

11連+選べる★5シーズン限定BサーチC


15連+選べる★5ポケマスフェス

25連+選べる★5ポケマスフェス

 

11連+選べる★5スペコス限定BサーチA

11連+選べる★5スペコス限定BサーチB

 

その他注目のイベント

スコアアタックイベント でんきを統べるもの

画像


メモリアルチャレンジ レンタルバトルイベント

画像

 

その他新要素/追加要素について

星3ひこう装備実装

トレーナーズサロンにリーフが招待可能に。

悪の組織編完結

EXロール実装

デイリーミッションの改修

確定チケットで入手できる☆5バディーズの入手ラインナップが更新(サナまで)

「メイの星6EXを目指そう」キャンペーンが恒常開催に

オーキド&ミュウスペシャルミッションの内容改修&恒常開催に

デイリーチケットの実装・どうぐ交換所のラインナップ更新

ログインボーナスで登場するポケモンの種類を追加

 

この月の総括

今年の周年は、3周年を大幅に超えるイベント量と実装キャラ数となった。

まず、触れるべきは初の要素である「EXロール」について。

これはロールケーキを使用することで各キャラに実装されているロールを解放することが出来る。例えばレッド(ネオ・チャンピオン)&フリーザーにはテクニカルのEXロールが実装されており、特に何もせずともB技の威力が+50%される。

このロールケーキの入手方法は「有償限定のマスターフェス」でマスターバディーズを入手するか、毎日挑戦!地方バトルで入手できるチケットを交換することで手に入る「ロールケーキのメダル」を交換することで入手が可能。

ネオ・チャンピオン実装当初はメダルの入手難度が高いためEXロール解放の難易度も高いように思えたが、以後のフェス限Bサーチでは対象のキャラを入手するたびに星5のびしろ及び対象のキャラのEXロールにかかわるロールケーキのメダルを4枚入手できるようになっているため、敷居が高すぎるといったこともなくなった。

また、本月のポケマスデーのマスターバディーズ復刻から、復刻マスターバディーズのEXロール解放が行われるようになった。これは現時点で毎月EXロールが解放されて行っている

強化キャラでは、カントーネオ・チャンピオン実装に伴ってマジコスレッドとマジコスグリーンのフェス限定ボードが拡張された。

すでに先行してマジコスリーフのボード拡張が行われていたため、これでようやく3人そろい踏みとなった。

また、デイリーミッションの大幅な更新が加えられたのも本月から。今までは用意されているミッションをすべてクリアすることでようやくダイヤ等の報酬が入手できたのだが、この更新により、10個あるうちのミッションのどれか7つを達成するだけでデイリー報酬を受け取れるようになった。

これにより、いくつかのデイリーをやり逃した場合でも報酬が貰えるようになり、よりプレイの敷居が下がったといえるだろう。

これは周年定番だが、☆5確定チケットのラインナップ更新も本月に行われた。これによりヒュウ・アクロマ・サナの入手難度が大幅に下がった。

また、定番として、選べるガチャが各種開催。特にシーズン選べるとスぺシャルコス選べるは非常に豪華で、シーズンは今年のバレンタインまで、スペコスは4月のキャラが自由に選択可能となっている。

しかも、シーズンに関してはロールごとにサーチが分けられていたため、未所持だったバディーズを入手する大きな機会になった。

さらに、新たな試みとして「有償ダイヤ!1日1回限定!★5確定11連Bサーチ」が開催され、有償ダイヤは使用するものの、低コストで恒常ガチャを引くことが出来たり、周年のビンゴミッションを達成することで入手できるチケットを使用して「フェス限定選べる★5チケット専用Bサーチ」からN,キバナ,マリィのサロン限定バディーズを選んで入手することもできた。

その他、選べる15連では2.5周年キャラを自由に選ぶことが可能で、とにかく今までに実装されてきた過去の強力なキャラを一気にそろえることが出来るチャンスとなっていた。

また、「特別イベント 悪のカリスマを止めろ」ではマルチバトルでそれぞれミッションが用意されており、ミッションのクリア累計数で全体に配布される報酬が豪華になっていくといったイベントとなっていた。

これもレイドボスを攻略するようなイベントで非常に珍しい形式である。

また、悪の組織編ではロケット団幹部とサカキがバラエティバディーズとして実装された。計5組の実装となったのだが、なんと今までのバラエティバディーズとは異なってイーブイの日のコウキ・コトネ・クリスと同様のステップアップ/通常のガチャ形式になり、これ以降のバラエティガチャはすべてステップアップ形式で開催されている。つらい

話題は変わるが、ポケマスデーにおいて、マルチコンテンツを攻略することで今までは「タイプ星3装備1つ」「育成アイテム」の2種が主に交換できたが、これに加えて本月から配布星5であるメイ・アセロラチェレンといったキャラのわざレベル上げが出来るようにもなった。これにより、貴重な技のアメを使用せずとも強化できるようになったのは大きい。

さて、長くなってしまったが最後にもう一つ。

本月のバディーズ実装数はBPバディーズやサロンバディーズを含めると計19体が実装されており、この実装数は2023年では当然最多の数となっている。

流石周年ということもあり、容赦のない月であった。

 

個人的な感想(余談)

えー、周年です。実装キャラ数が多すぎて本当に過酷な月でした。

話したいことが多すぎて逆に話せないやつなんですけど、とりあえずカントーネオチャンのbgmが最高でした。マジで今年一番強い。

次にグリーンチャンがヤバいです。最初見たとき何かの見間違いかと思いました。見間違いじゃなかったです。

レッドチャンもヤバいです。なんかよくわからんけど火力がまずヤバいし確定で相手を氷にできます。本当に何??????

リーフチャンもヤバいです。火力がヤバいのもそうなんですけどデバフえぐいし自身の耐久力もかなり高いのでタンクが出来ます。テクニカルなのに。

というわけでまずはマスターが意味不明な性能でしたという話でした。

あとはロケット団Bサーチ、本当にヤバかったです。バラエティでもまあプレゼント付きガチャあるだろうし大丈夫だろうと高を括ってました。まさかのステップアップ形式で死にました。

でも特別イベントの報酬でサーチでピックアップされていたキャラがランダムではありますが配布されたのでそこは本当にありがたかったですね。

選べるガチャが超豪華だったのは総括に記述した通り。

EXロールには相当胸躍りました。特にテクニカルにアタッカーロールとかマジコスセレナやマジコスルザミーネにサポートロール来たらヤバそう!とかそういう感じですね。

実際本月のポケマスデーでマジコスセレナが復刻され、EXロールであるサポートの解放が可能になりました。こうやってさらにシナジーが強化されていくのがまだまだのびしろを感じることが出来て最高ですね。

あとはWCS横浜で先行公開されたクロツグが実装されたのも本月…いや詰め込みすぎだろ!!!!!!!!となったのですが何とか引けて良かったです。

いや~…情報量が多いなこの月は!そんな月でした。

 

10月

実装キャラ

ショウ&ヒスイダイケンキ

テル&ヒスイジュナイパー

ネジキ&ジバコイル

ダツラ&テッカニン

フヨウ(シーズン23)&デスカーン

ツツジ(シーズン23)&デスバーン

アロエミルホッグ

 

強化キャラ

シキミ&シャンデラ(星6EX解放)

シトロン&エレザード(技3ボード拡張)

カルム(ネオ・チャンピオン)&ゲッコウガ(EXロール解放)

 

開催された新規エピソード系統のイベント

エピソードイベント 見知らぬ土地で 共に

画像

 

トレーナーズファイル Wファクトリーヘッド!

画像

 

エピソードイベント 呪われたミュージアム

画像

 

その他注目のイベント

レジェンドアベンチャーレジスチルラティオストルネロス

画像

 

その他新要素/追加要素について

新装備として「スキル装備」が実装

画像

トレーナーズサロンにサカキが招待可能に。

クルティのポケマスガイドに「ポケマス大百科」が追加

どうぐの獲得場所をどうぐタップ時に把握できる機能の追加

 

この月の総括

本月は目玉イベントとしてテル・ショウが登場するイベントが開催され、例年通りシーズンのイベントとトレーナーズファイルのイベントも開催が行われている。

また、新要素に「スキル装備」が実装された。本装備は「スキルフェザー」という新たなアイテムを使用することにより、特定のタグを持つキャラの強化が可能になっているため、タイプ装備とは異なった強化幅を得られるようになっている。

大きなアップデート内容といえばこのくらいで、周年後というのもありさすがに前月と比較すると落ち着いているように感じられる。

 

個人的な感想(余談)

サロンについて、「サカキ、お前来てええんか?」と誰しも思ったはず。俺も思った。

この月でかなり大きいのは「ポケマス大百科」の実装によって新たに公開された新情報や「スキル装備実装」による新たな沼の開拓といった部分でしょうか。

外せない部分としてはセキ・カイにつづいて実装されたヒスイバディーズとなるショウ・テルの実装もありますね。まさかのストーリーではコウキ・ヒカリと鉢合わせるシーンも。

ショウテルとコウキヒカリとでそれぞれ担当声優さんが異なる部分が非ッッッッ常に好みでした。本当に良い。

 

11月

実装キャラ

レッド&フシギバナ

ジコスホミカ&ストリンダー

ジコスネズ&ストリンダー

リュウキ&バクガメス

ボタン&ニンフィア

イブ(ポケモンごっこ)&イーブイ

アユミ&イーブイ

ヨウ&エーフィ

ミヅキ&ブラッキー

 

強化キャラ

アイリス(アナザー)&サザンドラ(技2,4,5ボード拡張)

マーシュ&ニンフィア(星6EX解放)

リーフ&イーブイ(技3ボード拡張)

セレナ(ネオ・チャンピオン)&ゲッコウガ(EXロール解放)

 

開催された新規エピソード系統のイベント

エピソードイベント 最強シンガー決定戦!?

画像


エピソードイベント パシオでブイブイ

 

エピソードイベント 不思議探しにレッツゴー

 

 

その他注目のイベント

スコアアタックイベント ほのおを統べるもの

画像

 

タマゴイベント たくさんの可能性

画像

 

その他新要素/追加要素について

星3はがね装備実装

トレーナーズサロンにグラジオが招待可能に。

毎月10回限定 おとくなダイヤ バディドロップMプレゼントの販売開始

サイドエリアの追加

究極高難度バトル:揺らめく爆炎のリラの常設追加

画像

メインストーリー:謎の石編の追加

ギーマレパルダスの技3ボード拡張時に追加されたボードが修正

バディーズ検索のフィルタ機能に項目が複数追加

常設のバディーズサーチに「ミックスBサーチ」が実装

チャンピオンバトルエリートモードの1バトルごとのポイント上限が2500→3000へと引き上げ、これに伴い合計ポイントも15000ptに

 

この月の総括

11月はイーブイの日があることもあり、ボタン・イヴ・アユミの実装とリーフ・マーシュの強化、また、去年と同様にバラエティサーチにヨウとミヅキが実装されて再登場し、タマゴイベントまで開催されたことから、イーブイマンスリーであった。

また、本月からチャンピオンバトルの上限が3000ptに引き上げられた。4月の時とは異なり、オプションの追加も特になかったため、純粋に難易度が引き上げられている。

さらに今月から実装された「究極高難度バトル」、本ステージはレジェンドバトルと同様に常設のバトルイベントであり、クリア難易度が非常に高いものに仕上がっている。

ただし、クリアしてもダイヤが多少貰えるくらいで、攻略必須なコンテンツではない、チャレンジ要素のようなものになっている。

この究極高難度バトル実装に伴い、今まで「バディーズエピソード」となっていた場所が「サイドエリア」という名称に変更された。

最後に、この月から有償で一日最大9回までしか引けない「ミックスBサーチ」が初登場した。

このサーチでは「レッド&フシギバナ」がピックアップされているが、それだけでなく出現するバディーズの中には10月までに実装されたマスターバディーズを除くすべてのバディーズが登場する形式になっている。

そのため、恒常的にドリバルやチェッタ、リッカといった限定星4バディーズを狙えるようになった。

 

個人的な感想(余談)

イーブイマンスリーな11月!圧倒的ブイブイでしたね!

もちろんこの点に関しても非常に満足度が高い月でしたが、やはり外せないのは「ミックスBサーチ」の実装!最初は有償限定サーチと聞いていたので引くかは悩みどころだったのですが、なんと今まで実装されていたマスターを除く限定キャラがすべて出てくるという夢のようなサーチになっており、星5が出ると大体限定を拝むことが出来ます。こりゃ有償限定にする価値はあるわ…

また、究極高難度バトルが初実装されたのも11月からで、初回となるエンテイはいきなりの超性能で実装!体力が今まででは考えられないほどの異次元さとなっており、ギミックを正しく理解できていないとまずクリアは不可能と思えます。すげえもんがぶっこまれちまったぜ。

最後に、チャンピオンバトルのエリートモードのポイント上限引き上げについて。

確かに2500では物足りないと考えるようにはなっていましたが、500pt上限が増加するだけでここまで過酷になるとはね…となっていました。(以前の2000+@くらいの難易度になっている印象です。)

ただ報酬もその分増加したため、これは非常にありがたいですね。(とはいえシンオウやカロスが来たらどうなっちまうんだ)

 

12月

実装キャラ

キョウヘイ(ネオ・チャンピオン)&オノノクス

ビオラ(シーズン23)&ビビヨン

プラターヌ(シーズン23)&ゴーゴート

ミカン&コイル

 

強化キャラ

現時点では特になし

 

開催された新規エピソード系統のイベント

ネオ・チャンピオン 心をひきつける純真

画像


エピソードイベント 狙え!キラメキの1枚!

画像

 

その他注目のイベント

レジェンドアベンチャーエンテイユクシーカプ・ブルル

画像

 

その他新要素/追加要素について

星3むし装備実装

トレーナーズサロンにミカンが招待可能に

究極高難度バトル:凍てつく氷霜のネジキの常設追加

画像

ポケマス大百科の項目に「謎の石」追加

一部エンブレム(サトシイベントのもの)が未所持の場合は非表示に

新要素・サークルが登場

 

この月の総括

クリスマスイベントにレジェンドアベンチャー、ネオ・チャンピオンイベントと例年通りのイベントが行われた。

今回実装されたマスターバディーズであるキョウヘイ(ネオ・チャンピオン)は新要素となるイッシュサークル(物理)を所持しており、概要としてはゾーン版マスターパッシブといったところ。倍率は乗算であるため火力のさらなる上昇も期待できる。

特殊な点といえば究極高難度バトルの2つ目が早々と実装された点だろうか。

3つ目は来月実装が来るのか、しばらく間が空くのかは全く不明である。

また、12月に実装されたネオ・チャンピオン(マスターバディーズ)は1組のみ。これは昨今では非常に珍しく、2022春に実装されたマジコスセレナ以来となる。

ジコスシロナ(アナザー)と同様、翌月にマスターバディーズが実装されるのではないかといった話も出ているが、これといった情報は特に公開されていないため、不明である。

 

個人的な感想(余談)

もう12月です。早いね。

まだ月半ばということもあり、情報が出きっていない感は否めないのですが総括はしっかりとやりました。

今月注目すべきはやはりキョウヘイが持つイッシュサークルでしょう。軽減も火力増強も任意で発動できるのはゾーンとは異なった方向性の強さで、新要素を積極的に実装しようとする運営の心意気が垣間見えますね。

また、クリスマスイベントで実装されたプラターヌ&ゴーゴート草統べ専用みたいな性能をしててかなり面白いですね。来月猛者たちがどのような阿鼻叫喚を見せてくれるのかが非常に楽しみな性能に仕上がっていると考えています。

あと驚きなのは究極高難度バトルの実装ペースについて、先月来たばっかでもう実装されていたのがとても驚き。今後もこのペースで実装されるのであれば月の楽しみが増えますね。

 

さいごに

さて、以上がポケマスの1年の総括及び自分の感想垂れ流しとなります。なんか情熱をぶつけてたら終わってた…(ちょっと最後の方疲れちゃって文章が微妙になってたかも、申し訳ない。)

とりあえずの感想として、「システム面の改修が非常に多かった」「9月の実装キャラ数だけ異次元すぎる」「新要素が去年と比較してめちゃくちゃ多かった」、といったところでしょうか。ポケマス新時代の夜明けだったと感じました。

 

また、これらを踏まえて以下の感想を持ちました。

1つは非常にユーザーの意見を多く取り入れていることがわかりましたね。細かいUIの改善等はポケマスならではで最高だったと思います。

もう1つはポケマス挑戦の年だったのではないかと考えます。今までよりもより”攻めの姿勢”を強く感じました。

ともあれ、「これからのポケマスがどのように歩もうとしているのか」を見ることができたのではないかと考えます。来年はどのようにポケマスEXが躍進していくのかを見るのが楽しみです。

 

さて、20日目となる12/20に公開される記事はぼんじりさんの「検索処理高速化メモor自動化関連のアレコレ」となります。どういった内容になるか想像がつかないので非常に楽しみです。

 

本記事にて何かコメント等ございましたら記事へのコメント、またはX(旧Twitter)までお気軽にどうぞ。

 

では、またどこかで。

*1:BDSPだとゴミのミノを使用してくるため、フォルム違いではある

*2:昨年から行われている、恒常バディーズ実装時に開催されるものと同様のもの

*3:ダイヤの所持数がヤバい状態のこと

*4:2023年12月17日現在

【Pokémon Past Generation Advent Calendar 2023 15日目】GBA海外交流会レポート

こんちゃす、ハンターです。

 

アドベントカレンダーの時間だ!

 

本記事はPokémon Past Generation Advent Calendar 2023の15日目の記事です。

adventar.org

 

今回はワールドvsジャパンの3世代交流会に参加してきたのでそのレポートを書き綴ります。

画像

 

※注意:本大会ではPokémon ShowDownを用いたものとなります。嫌いな人はこれを機に慣れていってください

 

 

開催経緯

本大会のきっかけは、WCS2023横浜の最終日、ダメもとで会場での対戦募集を行ったところ…

 

このツイート内容が海外勢のコミュニティに拡散されたことにより、現地にいる三世代勢がこれを認知、そして

 

というわけで海外勢とのオフライン実機対戦が実施できたのでした。やったね。

この時の対戦ルールも後程説明を行う「オーレコロシアムルール」と同様。

この時はそれ専用にパーティを用意していなかったのでボックスにいたポケモンだけで適当に組んで対戦を行いました。

 

…その後、てるるさんを介して海外勢との交流が続き、12/9、ついに日本vs世界の戦いが幕を開けるのでした。

 

今大会の詳細なレギュレーション

詳細なレギュレーションは以下の通り。

  • 参加可能ポケモンは禁止伝説・幻を除いたすべてのポケモン
  • 対戦参加可能レベルはレベル60~
  • 見せ合いあり、6体から4体を選出する。
  • アイテム・ポケモンの種族重複不可
  • 相手のHPのみ数値を確認可能(これはポケモンコロシアムを用いた対戦は相手のHPが見えるという内容になっているため)
  • Best Of 3 set、すなわち2点先取した方が勝利できる対戦形式
  • 対戦にはshowdownを使用

 

名称が「オーレコロシアムルール」の通り、ポケモンXD 闇の旋風(かぜ)ダークルギアのクリア後に遊べるやりこみ要素である、オーレコロシアムと同様の環境で遊ぶことになります。

 

さて、日本の三世代ダブルでのメジャーなレギュレーションといえばバトルロードサマー2005・ゲーム部門で遊ばれていた、所謂05と呼ばれるルールとなるのですが、こちらは以下の通り。

  • 参加可能ポケモンは禁止伝説・幻を除いたすべてのポケモン
  • 対戦参加可能レベルはレベル1~50
  • アイテム・ポケモンの種族重複不可
  • 見せ合いあり、6体から4体を選出する。
  • 対戦には実機GBAもしくはポケモンコロシアム/XDを使用。(そのため、対戦環境によってはHPの確認が不可)
  • 1点先取

 

大きな違いとして挙げられるのはやはりレベル制限が異なること。オーレコロシアムルールではこのおかげでバンギラスカイリューといった進化レベルが51以上のポケモンを使用することが可能です。*1

また、レベル制限が異なるということはポケモンの実数値も大きく変化するということ。基本的にポケモンのレベルが上がるほど耐久もレベル50の場合より上昇するため、努力値が05の場合よりも自由に配分可能になります。

また、BO3形式ということもあり、1戦目で得られた情報を基に2,3戦目に臨むことが可能な形式となっています。これにより、勝ち試合も負け試合もどの程度情報を公開するか、秘匿するかが非常に重要になります。負け試合も油断できません。

 

自分の使用構築について

カス過ぎて記述することはあんまありませんが以下の通り。

 

ラティオス@ラム B40 C216 S252(特化グロスのコメット耐え) おくびょう

リフレクター サイキネ 10まんボルト まもる

 

ファイヤー@もくたん C252 / D28 / S228  (準速100族抜き・サンダーの10万乱数3割くらいで耐え) おくびょう

かえんほうしゃ オバヒ まもる めざ草

 

サイドン@せんせいのツメ A252 / B4 / D252 いじっぱり

ロクブラ じしん メガホーン まもる

 

ラティアス@クラボ H252 / B80 / S176 おくびょう  (ハチマキケンタのはかいこうせん確定耐え)

こごかぜ ドラクロ にほんばれ まもる

 

カビゴン@たべのこし H16 / A84 / B252 / D144 / S12 (A+1でウインディをじしんで確定)

のしかかり じしん まもる のろい

 

メタグロス@メタルコート H192 / A140 / S176  (準速60族抜き・187グロス地震耐え)

コメットパンチ じしん まもる だいばくはつ

 

コンセプトとしてはラティオスファイヤーの上から殴れる圧力を用意しつつ、相手の行動隙に合わせて壁を展開、展開後は壁を上手く使用して殴り合いを有利に進めていく構築…のはずだったんですけど、確認していただくとわかる通りスターミーがゲロ重、ケンタの処理ルートも安定していないため構築としては不十分のように感じられました。

壁構築を使用する場合でもやはり速度は非常に重要で、相手から殴られる前に壁を貼ることで初めてアドバンテージを取ることが可能です。(また、相手への圧力が強い盤面を作成することが重要)

今回は相手に対しての攻撃圧が足りなかったことが敗因であると考えます。まあ未熟さ故の敗北ということで納得ではありますね。

ちなみに今回戦ったパーティにはペルシアンが入っており、マジで鬼のように強かったです。このルールはやっぱ素早さが正義なんですわ。*2

 

対戦結果(ざっくり)

今回は代表5人がそれぞれBO3を行い、先に3点先取した方が勝ちというレギュレーションとなっています。

というわけで結果は以下の通り。

けつばん (×)  vs Sabaku      0-2

ハンター (×)  vs Nnico Iosi       0-2

スナドリ (〇) vs GrandmasCookin   2-0

ウホホウホ(〇) vs For 4LOM               2-0

stoic   (〇) vs Akiak                        2-0

 

初回で連続負けして万事休すか…?と思ったが日本のエースたちが3連勝ストレート勝ちですべてを取り返しに行きました。本当にありがとう。

 

各々の対戦結果や構築記事に関しては以下をご確認ください。(敬称略)

 

けつばん

missingno000.hatenablog.com

 

ウホホウホ

ameblo.jp

 

スナドリ

bo-man.hatenablog.com

 

stoic(後日記事が公開されるとのこと、公開次第載せます。)

記事公開されました

stoic4486.hatenablog.com

自分が書いている記事よりも圧倒的な記述量&考察量、参考になります。

 

海外環境との差異について

まず、海外環境はギミックを落とし込んでいる場合が多いように感じました。

例えば「リフレクター」「ひかりのかべ」で撃ち合う構築に関しては今まであまり出てきませんでしたし、「ねこだまし」「てだすけ」のような技や特性「ひらいしん」をうまく使った構築等、これ以上広がることがないと思ってたダブル環境に新たな兆しが見えたような気がしてます。

日本ではどちらかといえば上からぶん殴りつつ受け耐性とまもるで相手の攻めを凌ぐというのが定番の構築方法だった…というよりみんなそれやってた気がしたのでそりゃ環境が動かないわけですわ(とはいえそれは弱いわけではないし本環境でも十分通じるとは考えている/レベル100ルールはポケモンの耐久が多少上昇しているので攻め手側は多少不利なのはあるけども…)

また、今回こそは違いますが、オープンシート形式での対戦ルールだとまた流行る傾向が変わるようで、まだまだ遊べる余地はありそうですね。

…めちゃくちゃ軽めの内容で申し訳ないけどマジで面白かったのは確かです。

 

最後に

ちょっと駆け足気味になってしまって申し訳ないのですが、以上が海外勢との交流会レポートとなります。

対戦ログについては下記をご確認ください。

www.youtube.com

 

WCSでの募集から繋がってまさかここまで大規模な交流ができるとは思っていなかったので今回の出来事は非常に大きいですよね。

なんでも行動することは大事なんだな…と思い知らされました。

イベントを主催してくださったMosquitoや通訳・紹介してくれたてるるさん等、多くの人には感謝してもしきれませんね。

お付き合いいただいて本当にありがとうございました。

 

さて、16日目となる12/16に公開される記事はyasuさんの「全世代向け 鋼絡みの相性補完となります。対戦勢の方は要チェックだ!

 

次は19日目の記事でお会いしましょう。ではでは。

*1:当時はフラットルールのようなレベル50に自動調節してくれるルールは存在しなかった

*2:八王子スタンという構築でサンダースを使ってくどオフをシバき上げた経験アリ